トップメッセージ

弊社は「医療」のビジネスに特化した2社を保有するホールディングカンパニーです。医療ビジネスは医療そのものを中心に、様々な事業が多岐にわたって関与しており、その範囲は極めて広く、またそこに費やされる財も毎年40兆円に上る巨大な額になります。
そういった医療のフィールドで、私どものグループが取り組んでいるのが、医療情報サービス、医療ファイナンスサービスの2つの領域です。
医療は情報そのものでもありますが、昨今のICTの発展に伴い、その応用範囲はかつて考えられなかった広がりをみせつつあります。そういった環境において私どもは『医療保険者の診療情報』にいち早く着目し、その分析と応用に注力してきました。また、上述の如く、我が国の医療費は、小さな国の国家予算に匹敵するまでの額になっていますが、その流れの合理化・効率化は一つの大きなテーマであると考え、『医療ファイナンス』を医療の合理化につなげるビジネスも展開しつつあります。
医療はそのことごとくが厳しい規則と規制に縛られており、国が認めたもの以外の新しいビジネスをこの分野で切り開いていくのに極めて困難な環境にあります。しかし、私どもは創業当初からあえてその道を選んで事業展開を試みており、手がける2つの事業はいずれも厳しく規制されていた分野へのチャレンジによって推進・発展させてきたものに他なりません。
私どものビジネスにおける一貫した主題は、医療の不合理、非効率の改善であり、だれもがちょっと聞けば「確かにその通りだ」と納得する医療サービスの実現にあります。経済発展の鈍化と少子高齢化に伴い、医療の財源がこれまでのように潤沢に得られない情勢の中で、引き続き質の高い医療を維持するためには、医療の不合理、非効率の改善が不可欠であり、その点で私どもの目指す事業は今後の我が国のより良い医療の在り方に大きく寄与できるものと確信しています。
今後とも私どもの事業チャレンジにご理解・ご支援を賜れれば幸いです。

代表取締役社長・滝口 進

Copyright (C) Japan Medical Business Corporation All rights reserved.